最近導入したWordPressプラグイン3つ

最近導入したWordPressプラグイン3つ

タイトルの通りではありますが、WordPressで運用しているこのブログに最近導入したプラグインを3つ紹介します。
もし気になったものがありましたら試してみてください!

BackWPUp

  • データベース、ファイル、テーマ、プラグインなどの定期バックアップの設定をWordPressの管理者ページから行えるプラグイン。
  • 自動バックアップの他に手動バックアップも可能です。
  • 保存先はサーバー上のフォルダ、メール、DropBox、S3など、複数から選択できます。
  • エラー発生時はメールで知らせてくれます。
  • まだ手動バックアップだけしか実行していませんが、使い勝手が良かったので今度自動も試してみたいです。

BackWPup – WordPress Backup Plugin

Urvanov Syntax Highlighter

  • 記事中のソースコードをシンタックスハイライト(構文の規則に応じて色分けして表示)してくれるプラグイン。
  • これまでは「Crayon Syntax Highlighter」というプラグインを使用してシンタックスハイライトしていました。
  • しかしCrayon Syntax Highlighterを有効化しているとレイアウト崩れが発生する場合があることがわかりました。
  • 調べてみるとCrayon Syntax Highlighterは6年前とだいぶ前からメンテナンスが行われていなく、特にPHP7以降は考慮されていないことがわかりました。
  • Urvanov Syntax Highlighterは、Crayon Syntax Highlighterと同じ作者が作成したもので、新しいバージョンのPHPに対応できるように作り直したプラグインのようです。
  • こちらをインストールしたところレイアウト崩れはなくなりました。

Urvanov Syntax Highlighter

WP Dark Mode

  • 黒基調にした配色の画面を表示するダークモードですが、目の疲れを軽減できる、バッテリーの節電になる、などのメリットで2019年あたりから普及してきました。
  • そのダークモードを手軽に導入できるプラグインです。
  • OSのダークモード設定に連動させることができます。
  • 手動でモードを切り替えることができるスイッチを設置できます。

WP Dark Mode