【映画】イミテーション・ゲーム


東京行って映画見てきました。okitaです。

さて2月の映画レビューをしなかったわけですが
やっぱ面白い映画しかレビューしたくない。
だって面白くないと書くことが思いつかないからw

気を取り直して3月の映画レビュー!
映画は「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」です。

まずなんで東京で見たかというと
この作品・・・イオン下田では公開してません\(^o^)/オワタ

なので東京にGeneXusのユーザー会がてら映画を見てきました。

予告編

この作品は実話に基づいた映画で
第2次世界大戦時にドイツ軍が使用した暗号機エニグマによる暗号の解読に成功した
イギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描いた映画になってます。

■話的に
やっぱり実話に基づいた映画なので話にリアルさがあるなーと思いました。
第2次世界大戦の時ということで今のようにパソコンがあるわけでもなく
暗号を解読するのも手作業であったりアナログな方法が多く
そんな中暗号解読をするという。
さらに言うとアラン・チューリングは数学者なので
別に暗号解読のスペシャリストじゃないっていうwwwww

■ラスト
ネタバレになるのであまり詳しく書きませんが
暗号解読を続けてその後が本当にツラいなぁって思いました。
私だった「解読するぜーwww」って言って解読後なんて考えないwww

■キャスト
アラン・チューリングを演じたのは「ベネディクト・カンバーバッチ」
この人の演技結構好きです。

■まとめ
全体的に良かったと思います。
ファンタジー等とは違った面白さがあり私的には面白い映画の一つです。

以上です。