【GeneXus Tips】Blob


大腸カメラなんて受けるもんじゃないぞ!okita です。

今日は「Blob の登録」についてです。
Blob はバイナリデータを格納する時に使います。
いろんなコトに使えて結構好きですw
http://e-words.jp/w/BLOB.html

まずはDBに登録する方法
公式wiki – Blob データ タイプ

GeneXus の場合DB項目に
Blob の名前とBlob の拡張子を登録する項目を作成します。
(無くてもなんとかなる気がしますが、あったほうがGene的に便利なんで!)

「File Type Attribute」
「File Name Attribute」を設定します。
001

ココで注意するポイントとして
設定するAttribute(今回の場合はTransaction1_Blob_Name)を一回保存しないと
設定ができないのです!(使用してるGeneXus のバージョンは Ev2 u3)
おそらくですが項目属性として一度保存しないと
存在しない項目を設定されてしまう、的なコトが起こるからだと思います。

でちゃんと設定した感じが↓コチラ
002

んで画面はこんな感じ↓になります。
003

画像(我が社のロゴ)を保存して、もう一度画面を開くとこんな感じ↓に表示されます。
004
ん~お手軽ですねw

この画像が表示されている部分はプロパティで変更することができます。
0:Inline ⇒ 画面に画像等が表示されます。
1:Link ⇒ リンク付の画像(コレ→ download)が表示されます。
そして「消したい!」なんて時は「0、1」以外の値をド━(゚Д゚)━ン!!と設定すると
006
ハイ、消えたーw

Web Form の Blob 項目のプロパティで変更は可能ですが
「0、1」以外はルール か イベントでのみ設定可能です。
今回はトランザクションだったのでルールで設定してみました。
Transaction1_Blob.Display = 2;

ちなみに登録したBlobの名前と拡張子はこんな感じになってます。
005

 

今回はここまでです。
Web Panel 等で For each した時のサンプルも作成しようかと思いましたが
長くなりそうなのでもっとちゃんとまとめてから投下したいと思います(`・ω・´)シャキーン

 

以上です。

 

 


コメント