2020年 Appleが出した製品やサービスを振り返る


今年ももう終わりですので、2020年Appleが出した製品・サービス等…をざっくりと振り返ってみましょう。

■2020年3月

  • LiDARスキャナを搭載した新型のiPad Proを発表
    速さもカメラの性能もパワーアップしたiPadProが発表。
    画面サイズは11インチと12.9インチを販売。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

  • iPad Pro用最新Magic Keyboardを発表
    キーボードのみがついたSmart Keyboardから進化し、角度を細かくスムーズに調整でき、トラックパッドがついたMagic Keyboardが発表。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/ipad-keyboards/

  • MacBook Airの最新モデルを発表
    この時点で発表されたMacBook Airは高い処理能力、新しいMagic Keyboard、容量2倍のストレージを搭載した上で買いやすいお値段という新モデルとして発表。
    まさかこの後とんでもないスペックのMacBook Airが発売されることは誰も知りません

■2020年4月

  • 新型コロナウイルス対策支援のためにモビリティデータを利用可能にすると発表
    Appleマップによるモビリティデータの傾向を示すツールを提供すると発表。
    レポートページ→ https://covid19.apple.com/mobility

  • iPhone SE(第2世代)を発表
    高いスペックで買いやすい価格のiPhoneが発表。
    画面サイズは4.7インチ、ホームボタン付きで当時の最速だったiPhone 11系のチップが搭載されている端末。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/iphone-se/

■2020年5月

  • 13インチのMacBook Proの最新モデルを発表
    この時点で発表されたMacBookProは、新しいMagic Keyboardを採用し性能もアップした新モデルとして発表。
    まさかこの後とんでもないスペックのMacBook Proが発売されることは誰も知りません。

  • Logic Proのメジャーアップデートを配信
    Appleが提供している音楽制作ソフトであるLogic ProXに様々な機能を追加した新バージョンの配信を開始。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/logic-pro/

■2020年6月

  • 完全オンラインのWWDC2020を開催
    初の完全オンラインであるWWCDを開催し、macOS Big Surをはじめ、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7、tvOS 14を含む13のテクノロジーを発表。
    youtubeでのライブ配信にておこなわれ、動画には日本語字幕もついている。
    Keynote→ https://youtu.be/GEZhD3J89ZE
    WWDC 公式ページ→ https://developer.apple.com/wwdc20/

  • MacへAppleシリコンを搭載することを発表
    世界トップクラスの自社製シリコンをMacに搭載することを発表。

    「これにより全てのApple製品に共通するアーキテクチャが確立され、開発者はAppleのシステム全体に最適化したアプリをはるかに簡単に開発できるようになります。」と説明。

  • iOS14を発表
    機能紹介ページ→ https://www.apple.com/jp/ios/ios-14/
    追加、改善された機能の例

    • ウィジェット位置の改善
      今まではホーム画面に設定できなかったウィジェットが、ホーム画面上に設置可能に。
      設置の際、サイズや配置をユーザーが自由に設定することが可能。

    • Appライブラリの追加
      ダウンロードしている全てのアプリをシンプルで操作しやすい一つの画面でまとめて見ることが可能。

    • App Clip
      アプリの一部をコンパクトにしたApp Clip機能を追加。
      特定の機能だけをすぐに使用することが可能。

  • iPad OS 14を発表
    機能紹介ページ→ https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-14/
    追加、改善された機能の例

    • スクリブル
      テキストフィールド内にApple Pencilで書かれた手書き文字が自動でテキストに変換される機能。
      文字入力時にApple Pencilを置いてキーボードで入力するという必要がなくなった。
      残念ながら日本語には対応していないが、英語や数字などは対応してるので十分に使う価値がある。
    • 検索機能の改善
      使用中のアプリを離れることなく、検索をどこからでも開始できるようになった。
  • macOS Big Surを発表
    機能紹介ページ→ https://www.apple.com/macos/big-sur/
    追加、改善された機能の例

    • Safariの改善
      プライバシーを保護しながら、さらに早いパフォーマンスを発揮
      また、スタートページの様々なカスタマイズが可能。
    • デザインを改善
      アプリのデザインやDock、コントロールセンターのデザインを改善
  • watchOS 7を発表
    機能紹介ページ→ https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-7/
    追加、改善された機能の例

    • 睡眠記録機能の搭載
      睡眠時間や睡眠の傾向を計測する。
      また、就寝準備の機能を使うと、Apple WatchとiPhoneで就寝前のルーティンを作成し、アプリで特定のシーンを設定したり、リラックスできるサウンドを聞いたり、お気に入りの瞑想アプリケーションを使うことが可能。
      ユーザーが起床しやすいように、Apple Watchは消音した触覚的なアラームや優しいサウンドを用意し、起床画面には現在のバッテリー残量を表示。
      ユーザーの充電パターンに応じて、就寝1時間以内のバッテリー残量が少なすぎる時は、Apple Watchが就寝前にユーザーに充電するよう促すなど様々な機能が搭載されている。
    • 自動手洗い検出機能の搭載
      Apple Watchはモーションセンサー、マイク、そしてデバイス上の機械学習を利用し、手を洗う動きと音を自動的に検出。
      検出すると20秒のカウントダウンタイマーがスタートし、ユーザーの手を洗う時間が短い際に、もっと続けるよう促す機能も搭載。

■2020年7月

  • Develop in SwiftとEveryone Can Codeの新しい学習プログラムを発表
    SwiftやXcodeについて学べるプログラミング教材に、教師向けの新しいオンラインラーニングコースを発表。
    教材はAppleBooksから無料で入手可能。

■2020年8月

  • 27インチiMacのメジャーアップデートを発表
    パフォーマンスを大幅に向上させ、高性能のカメラ・スピーカー・マイクを搭載。
    また、21.5インチiMacとiMac Proの全てのラインナップにSSDを標準搭載することも合わせて発表。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/imac/

  • Apple Musicのラジオを発表
    Apple Musicの2つの新しいライブラジオステーションを発表 また、「Beats1」の名称が「Apple Music1」変更され、「Apple Music Hit」と「Apple Music Country」を新たに公開。
    「Apple Music Hits」は、1980年代、1990年代、2000年代の人気のヒット曲を中心に取り上げ、「Apple Music Country」はカントリーミュージック専門のステーション

■2020年9月

  • Apple Fitness+ を発表
    Apple Watchのために作られた初めてのフィットネス体験であるFitness+を年内に提供する予定であることを発表。
    Apple Watchからの測定値を賢く取り込んでiPhone、iPad、Apple TVの画面でユーザーが確認できるようにしてユーザーをサポート。 Apple Fitness+のサービスは、開始時点において、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、およびアメリカで提供。日本ではまだ使えないようです。

  • watchOS 7のファミリー共有設定を発表
    ファミリー共有設定は、家庭内においてiPhoneを持っていない子どもやシニアの家族でも、Apple Watchのコミュニケーション、健康、フィットネス、安全性などの機能を使えるようにするもの。

  • Apple Watch Series 6を発表
    機能紹介ページ→ https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-6/
    (PRODUCT)REDとプルーアルミニウムのケースが追加。 合わせてソロループという新たなアクセサリも販売している。
    追加、改善された機能の例

    • 血中酸素測定機能の搭載
      体内取り込まれた酸素のレベルをチェックできる機能。
  • 第8世代のiPadを発表
    パフォーマンスが向上し、CPUが40%高速化、グラフィックス性能も2倍のiPadを発表。
    画面サイズは10.2インチ。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/ipad-10.2/

  • 最新のiPad Airを発表
    ホームボタンがなく、電源ボタンにTouch IDセンターがついている端末。
    既存のシルバー、スペースグレイ、ローズゴールドのカラーに加え、グリーン、スカイブルーもカラバリに追加。
    画面サイズは10.9インチ。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/ipad-air/

  • Apple Watch SEを発表
    廉価版であるApple Watch SEを発表。Series 6にも搭載されているセンサーがいくつか搭載されているほか、健康と安全に関する機能が搭載されている。
    常時点灯ディスプレイ機能、血中酸素測定機能は搭載されていない。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/

  • Apple Oneを発表
    Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudなどの複数のサービスが1つにまとまったシンプルなプランをApple Oneとして発表。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/apple-one/

■2020年10月

  • HomePod miniを発表
    素晴らしいサウンド、あらゆるタスクをこなす賢いSiri、そして複雑さを伴わずに快適さと便利さをもたらすスマートホーム体験を提供。
    ホワイトとスペースグレイの2色があり、価格は10,800円と購入しやすい金額。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/homepod-mini/

  • iPhone 12とiPhone 12 miniを発表
    5G対応のiPhone端末を発表。処理性能やカメラ機能等が向上。
    また、今までのiPhoneシリーズは丸みを帯びた側面になっていたが、平らな側面にリニューアル。
    ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDに加え、グリーンとブルーがカラバリとなっている。 iPhone12の画面サイズは6.1インチ
    iPhone12 miniの画面サイズは5.4インチ、iPhone12 miniが一番小さい端末となった。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/iphone-12/

  • iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表
    5G対応のiPhone Pro系端末を発表。
    処理性能、カメラ、LiDARスキャナ、Super Retina XDRディスプレイを搭載したiPhone端末。 今までのiPhoneシリーズは丸みを帯びた側面になっていたが、平らな側面にリニューアル。
    シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーがカラバリとなっている。
    iPhone 12 Proの画面サイズは6.1インチ
    iPhone 12 Pro Maxの画面サイズは6.7インチ。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/

  • Mag Safeを発表
    ワイヤレス充電用の充電ケーブルを発表。iPhone12やiPhone12 Proのワイヤレス充電位置に磁力でくっつくため、素早く充電が完了できる。
    Qi充電との互換性を維持しているため、iPhone8以降およびAirPodsのワイヤレス充電ケース付きモデルを持っている場合はMag Safeで充電することができる。
    Mag Safe関連商品ページ→ https://www.apple.com/jp/shop/accessories/all/magsafe

■2020年11月

  • M1チップを発表
    AppleがMacのために設計した初めてのチップを発表。
    より優れたパフォーマンスと電力効率を発揮でき、4つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された8コアCPUを搭載。高性能コアは省電力シリコンとしては世界最速のCPUコア。
    MacOS Big SurはM1が持つ能力とパワーのすべてを最大限に活かすことに徹底的にこだわって設計されている。
    M1紹介ページ→ https://www.apple.com/jp/mac/m1/

  • M1を搭載したMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniを発表
    M1チップを搭載した最新機種。 以前の機種よりも高速でバッテリーは減りづらい。 MacBook Air製品ページ→ https://www.apple.com/jp/macbook-air/
    13インチMacBook Pro製品ページ→ https://www.apple.com/jp/macbook-pro-13/
    Mac mini製品ページ→ https://www.apple.com/jp/mac-mini/

  • App Store Small Business Programを発表
    年間の収益が100万ドル以内の小規模事業者に対する、App Storeの手数料を15%に削減すると発表。
    収益が100万ドルを超えた時点で、当年の残りの期間は手数料は30%が適用される。
    詳しくはこちら→ https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/11/apple-announces-app-store-small-business-program/

■2020年12月

  • AirPods Maxを発表
    Appleが初のオーバーイヤーヘッドフォンを発表。 スペースグレイ、シルバー、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色展開。
    外部音取り込みモード、空間オーディオ、ノイズキャンセリング等も搭載されている。
    Digital Crownで正確な音量調節、音楽の再生と一時停止、曲のスキップ、電話への応答と通話の終了、Siriの起動が可能。
    製品ページ→ https://www.apple.com/jp/airpods-max/

今年も盛りだくさんの1年でした。
来年の新たな製品やサービスにも期待です。