【GeneXus】Gridの縦横固定スクロール


項目数の多い一覧で、ヘッダや主要項目を固定する際の手順を記載します。

1.カスタムテーマの作成

Sticky用のカスタムテーマを作成します。
今回はヘッダと左の項目2つを固定とするカスタムテーマを用意しました。
サイズ・カラー等は作成する画面によって適時変更してください。

Classes>Section
①Sticky_Section
Custom Properties:「overflow-x: scroll;」
②Sticky_Section1
Custom Properties:「position: sticky;left: 項目1開始px;background-color: #ffffff;z-index: 4;」
②Sticky_Section2
Custom Properties:「position: sticky;left: 項目2開始px;background-color: #ffffff;z-index: 4;」
④Sticky_SectionTitle1
Custom Properties:「position: sticky;left: 項目1開始px;background-color: #ffffff;z-index: 6 !important;」
⑤Sticky_SectionTitle2
Custom Properties:「position: sticky;left: 項目2開始px;background-color: #ffffff;z-index: 6 !important;」

Custom
⑥Sticky_Grid>thead>tr>th
Custom Properties:「position: sticky;top: 0px;background-color: #f7f7f7;z-index: 5;」

2.Patterns

一覧画面のGridをSection内に配置します。
Sectionプロパティ
Thema class:1.で用意した「Sticky_Section」
Section Width/Height:一覧の大きさに合わせて自由に設定します。

スクロールに関する設定をします。
Gridプロパティ
Include Pagination:False
Paging Type:One page at a time
Page:unlimited

3.Refreshイベント

データ固定部のクラスに1.で作成したテーマ②③を当てます。
元々指定されていたクラスがあれば一緒に指定します。

4.Grid.Loadイベント

Gridのクラスに1.で作成したテーマ①を当てます。
ヘッダ固定部のクラスに1.で作成したテーマ④⑤を当てます。

5.実行結果

 

 


コメント