シーズン終了!


にわかアイスホッケーファンのHamatairaです。

業務の都合で、東京にしばらく居ることになり、
せっかくなので先日、関東の大学の一部リーグの試合を見に行って来ました!
現在、アジアリーグで活躍している選手に、
関東の一部リーグでプレーした選手が多く居ます。
つまり、プロの卵がゴロゴロ居るわけです。
もちろん、八戸出身の選手も居ます。

今回は、3位決定戦と決勝戦を見に来ました。
3位決定戦は、早稲田大学 VS 東洋大学
決勝戦は、明治大学 VS 中央大学
多くのプロを輩出した名門の大学ばかりです。

プロの試合と同じくらい人が入っていたのでビックリしました。
東京でも、アイスホッケーは人気があるんですね!

3位決定戦の早稲田大学 VS 東洋大学ですが、
両大学に、八戸出身者が居るのでどちらを応援しようか迷いましたが
試合を見やすい場所で空いてたのが、東洋大学の席が空いていたので、
東洋サイドに陣取りました。
整列

点数的には、3-9とワンサイドな感じでしたが、
迫力があり、とても面白い試合でした。

決勝の明治大学 VS 中央大学ですが、
拮抗した試合で、非常に見ごたえがありました。
整列(中央)
第2ピリオドまでは、明治大学が優勢でしたが、
第3ピリオドで、中央大学が同点に追いつき、
さらに、キーパーの隙間を抜けた感じのパックが
ゴールに入った形で中央大学が1点リードする形となりました。
(※アイスホッケーは、第1ピリオド~第3ピリオドまであり、
各ピリオドは、20分間となっています。)

そこからの明治大学の攻めのキレッキレなこと。
もう、まばたきするのがもったいない感じでした。
シュートのたびに一喜一憂する声が、会場内を包んでいました。
速過ぎ
写真は第2ピリオドの写真ですが、選手が速過ぎてブレちゃいます(^^;

最後に、明治大学はゴールキーパーを氷上から上げて、
プレーヤー6人で攻める、6人攻撃を仕掛けましたが、
残念なことに、中央大学にパックをとられ、
無人のゴールにパックが入っていきました。
試合結果は、2-4で中央大学の優勝となりました。
2連覇だそうです。
スゴイですね!
試合終了直後

自分が観に来た大会が、今季最後の大会だそうで、
選手たちは、オフシーズンの陸トレに励むそうです。
来季に向けて、頑張って欲しいですね!
(陸トレきついんでしょうね。ちょっと嫌そうでした(笑))

八戸を離れて、今季はアイスホッケーをプレーすることは出来なくなりましたが、
関東の大学のトップリーグの試合を見れたので、良かったと思います。


コメント