【GeneXus Tips】WebSession

2015年9月16日


八戸も一応熱いんですよ。一応。okita です。

さて今回もGeneXus!
更新頻度を上げるために簡単な記事を上げまくれ!
・・・なんてことは考えてませんよ(; ・`д・´)

今回はGeneXusのSessionについて
セッションはログインとかに使ったり使わなかったり
セッションとは
http://e-words.jp/w/E382BBE38383E382B7E383A7E383B3.html

そしてGeneXusには便利なセッション用の変数として
WebSession」 があります。

使用方法のコードは以下です。
WebPanel1 の イベントコード

 

WebPanel2 の イベントコード

なんて簡単なんだw
もっと他の使用方法(削除方法等々)は公式の wiki を参照してください
公式wiki – WebSession データ タイプ

使用例としては
ログインとかの機能で使うのが一般的?なんじゃないかな!

GeneXusも標準のWorkWithを使用すると自動で
ContextっていうSDTをセッションに格納して
各画面のスタートでチェックしたりするので
そんな感じで使うのが一般的なんですよ・・・きっと!
WorkWith とかの説明は時間があるときにまたブログで紹介したいと思います!

以上!!!!