C言語

Objective-C

Objective-Cにおけるnil、Nil、NULL、NSNullの違いを調べてみた

こんにちは。 目玉焼きにかけるのはソースではなく醤油派、mukaiyachiです。 6月3日にWWDCでAppleから新しいプログラミング言語『Swift』の発表がありました。 (※WWDC・・・Appleの主催で毎年開催される開発者のお祭り) 『Swift』は『iOS』および『OS X』のためのプログラミング言語です。 現在は『iOS』や『OS X』用のアプリは主に『Objective-C』という言語で開発が行われています。 今後Swiftのシェアがのびる可能性もありますがしばらくはObjective-Cが主流となるのではないかと思います。 今回はそのObjective-Cの『null』についてです。 『null』とはプログラミング言語で「何も無いこと」などを表す際に使われます。 Null - Wikipedia この『null』を表現する言葉がObjective-Cには4つ存在します。 それが『nil』 『Nil』 『NULL』 『NSNull』です。 はずかしながらこれらの違いについてうろ覚えでしたので改めて調べてみました。 ...
タイトルとURLをコピーしました