VirtualBox + Ubuntu で なんか作ったシステムを動かす!


自分だけ更新頻度がおかしい気がする。okita です。
「VirtualBox + Ubuntu で なんか作ったシステムを動かす!」
をやります。やりつくされている感がハンパ無いけどやりたいのです!

ということでまずは「VirtualBox
vbox_logo2_gradient
簡単に説明すると「VirtualBox」は仮想PCです。
インストールは基本的に「Next」をクリックで進めます。

次は「Ubuntu の ダウンロード」
ubuntu

体力が続かない。okita です。 会社のXPマシーンがいらなくなったので 「Ubuntu」をインストールしました。 手順とグチグ...
以前の記事でUbuntuを取り上げてますが
同じ失敗は2度はしません( ̄ー ̄)ニヤリッ
「Ubuntu 12.04(Japan Remix)」 一択だコノヤローwww
ということで Ubuntu をダウンロード
Ubuntu 12.04.2 – 2017年4月までサポート(DVD・USBメモリ用)というヤツを
ダウンロードしてインストールします。仮想にインスコするのでデカイ方でも無問題(`・ω・´)

次は「Ubuntu の インストール
上記の記事を参考にしました。
あれやこれや設定したあとインストールのため起動すると・・・
001
はい、キタ――(゚∀゚)――!!
お馴染みの画面に一安心w

次に「Guest Additions の インストール
「Guest Additions」ってなんだよ・・・・
Ubuntu の インストールと同じ記事になりますが
を参考に Guest Additions をインストール

今回動かしたいのは一応「Java」なので
Javaをインストール
上記の記事を参考にしました。

そして「Tomcat
上記の記事を参考にしました。
上記の記事ではTomcat7 を使用していましたが
手元にあるシステムがTomcat6 で servlet を使用していたので
Tomcat6 をインストールしました。
上記の記事の中の Tomcat7 を 全部 Tomcat6 に置き換えればOKです。

あとはTomcatの「webapps」にアプリケーションをぶっこめばOK!
動いたー
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
Ubuntu 12_001

ここまででちょっと厄介だったポイントとして
・su が動かない ⇒
Ubuntuではrootユーザは無効になっている。
なので「sudo su – 」を使う。
・vi が動かない ⇒
Vim がインストールされていないため。
「sudo apt-get install vim」 ←インストールコマンド。
http://posntu.hateblo.jp/entry/2013/06/23/194226

これだけだとDBがないのでちょっとショボイw
なのでMySQLをインスコします。
上記の記事を参考にしました。
Ubuntu 12_002

ここまでくれば
OS、アプリケーション、DB」がそろったので問題なく
仮想OSにデプロイができると
まったく需要がなさそうな情報になったなwww
テスト環境がほしいときはイイと思うよ・・・( ゚∀゚)アハハ
Ubuntu 12_003
↑とりあえずで作ったモノが動いてるキャプチャw

そしてココで気が付いた
外部のPCやホストOSから見れない(´・ω・`)
今回は同じネットワーク内からも見たいということを想定して
ブリッジ接続をしました。
上記の記事を参考にしました。

ブリッジ接続といっても「VirtualBox」の設定を少し変えて
仮想PCを再起動して
IPが正しく取得できているか確認するぐらいです。
もちろんIPを固定にする場合は「Ubuntu」のIPの設定を変更すればOKです。
ココですごい時間を取られましたwネットワークの勉強不足ですw

※ホストOSからだけ接続したい場合は
ブリッジ接続ではなく「ホストオンリーネットワーク」にする必要があります。

———————————————————————
ということで以上で終わりです。
もっとSSHとかインストールしたりすればイイのだろうけど
SSHで何をしたらいいかわからんので気にしないコトにしようw

自分が研修生だったころはネット接続の設定が訳わからず
挫折したり Ubuntu のバージョンが微妙だったりと失敗だらけだった記憶があります。

次は他の言語のシステムが動くようにしようかな・・・PHPとか?C#とか?
以上です。

一応スペイン語?かな別の方がアップした動画がYoutubeにあります。
一応やっているコトはほとんど同じだと思う・・・